シックハウスが出来てしまう傾向

JC004_72A
・建材選びを業者にまかせっきりにしていませんか?
シックハウスの原因となりうる化学物質過敏症は個人差があり、同じ住宅でもその症状がでる人、出ない人とがおります。
その為にシックハウスが出来てしまった原因が施工業者にあるとは全て言い切れないのが現状です。
そもそもシックハウスとなってしまう新築住宅は設計段階でわかることがほとんどであります。
費用を安く抑えたいという建主の希望に、使用建材や施工日数の調整で施工業者は応える事となり発生するケースがほとんどです。
内観や見た目の色などにこだわりすぎて素材がなんであるかをおろそかにしている、建主・施工業者の組み合わせでも発生いたします。
設計段階での建築素材の確認と安全性の確認を行うだけでシックハウスのリスクは大きく減らせるのです。
貴方の家は床下や天井の換気がなされている家ですか? 24時間換気システムは導入されていますか?
見える部分だけではなく、見えない部分に配慮してこそ本当の「暮らしやすい家」が出来ることを覚えておきましょう。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

シックハウス対策のイチオシ!