シックハウス対策と遮熱・断熱

AS047
シックハウスの室温上昇などを避けるためには、遮熱・断熱などのシックハウス対策が必要となります。それに加え、冷房や暖房などの空調も正しい使い方をすればシックハウス対策となります。特に夏場は強い日差しによって、室温が上昇してしまいます。空調に頼らざるを得ない状況ではありますが、スダレなどを用いることによって少しでも遮熱するように心掛けます。
逆に冬場は暖房を効き過ぎないようにしましょう。できるだけ、低く設定し、全ての室内をできるだけ均等に保つようにします。そうすることで、居住者の身体的及び精神的な安定を図ることができます。
空調などの効きをよくし、外部の熱や寒気を妨げるためにも断熱が必要となります。断熱にはカーテンやブラインドなどが基本となりますが、断熱に有効な窓や壁・床下・屋根などを用いればより良いシックハウス対策の実践ができます。
空気汚染物質を逃がすためには、空気を動かさなければなりません。そのためには、風の通りやすい道を作ることが重要です。風の通りやすい住まいもシックハウス対策となります。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

シックハウス対策のイチオシ!