マンションのシックハウス対策

AS035
シックハウス対策は建物の構造によって異なります。
空調での室温調整、こまめな換気などの基本的な部分は変わりませんが、その他の部分では戸建・マンションに合った建材などを使用するべきです。
マンションのホルムアルデヒドやVOCの原因とされているものは畳やフローリング、クロス、それを貼りつける際に使用している接着剤、キッチン、建具などが挙げられます。これらを全て改善するのは簡単ではありませんが、出来る範囲でシックハウス対策をするべきです。
マンションの場合は機密性が高いため、戸建よりも換気においては強い意識をしておかなければなりません。
常に換気小窓を開けておき、昼夜限らず換気扇を回しておきます。理想としては空調は換気システムと併用するのが良いでしょう。
大型ビルなどのワンフロアなどは広い室内にも関わらず、不快感はありません。それは空調と換気が連動しているためです。
マンションも換気システムの力を借りると、シックハウス対策は充実すると考えられています。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

シックハウス対策のイチオシ!