居間のダニ対策

居間のダニ対策
シックハウスの原因として「ダニ」がありますが、今回はダニの居場所に注目したいと思います。

前回は布団の中に居ると書きましたが、ダニの居場所は何も布団の中だけではありません。
ダニのエサは人のフケや食べカスなどであるため、人が長く居る場所にはダニも多く居ます。
つまり、居間もダニの住処になるのです。
家によっては、寝室より居間のほうがダニの数が多いという調査結果になる事もあるようです。
特に絨毯や畳の中はダニが住みやすい環境になるので、要注意です。

となれば、居間のダニを減らす対策も、大きな意味を持って来ます。
では、どのような対策があるでしょう。

まずは掃除機ですね。
部屋をきれいに掃除することで、シックハウスの原因になるダニ自身とダニの糞、そしてダニのエサを除去する事が出来ます。
ただし、掃除機によっては細かく砕けた(5~15μという細かさと言われています)ダニの糞や抜け殻・死骸などがフィルターを抜けてしまい、掃除機をかけることが対策にならないばかりか、かえって排気と共にアレルギー物質を部屋中にまき散らす結果になる場合があります。
このような副作用を軽減するためには、まずは掃除の際に窓を開けておくという対策があります。
より効果的な対策としては、細かい物質も逃がさない高性能フィルターを使った掃除機を利用する事で、効果的な対策となります。

さらに空気清浄器を併用することで、掃除機の限界を超えるような細かい塵になったアレルギー物質まで対処できるようになります。
空気清浄器もフィルターの細かさはいろいろありますので、細かいフィルターを利用すると良いでしょう。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

シックハウス対策のイチオシ!