シックハウスの原因となる物質を知る

094
シックハウスの原因となるものは建材や家具などに使われる接着剤や防虫加工に使われる化学物質と言われています。
これらのほとんどは揮発性があり特に新築の家などでは室内にこもりやすくなりこれを吸い込むと事で人体に悪影響を与える可能性があります。

現在影響があると言われている物質はホルムアルデヒド・アセトアルデヒド・トルエン・エチルベンゼン・パラジクロロベンゼンなどが上げられています。
ホルムアルデヒドはこれまでの日本の住宅建築に使われてきた接着剤に多く含まれており、壁紙の接着、集成剤、プリントボードなどに当たり前のように使われてきております。このホルムアルデヒドが要因と思われる頭痛や気管支への障害の報告がもっともよく目立つようです。
ホルムアルデヒド対策をすることでこれらの不快な現象を解消するというのが、シックハウス対策の第一歩ともいえます。

現在は建材自体にこのホルムアルデヒドの濃度基準があり、かつてに比べると今使われている顕在には遥かにこの数値が低くなっているのですが、逆に建築技術の進歩により住宅の高気密化がすすむことで揮発量は少なくなったものの家の中からでにくくなってしまったという側面をもっているようです。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

シックハウス対策のイチオシ!