設計事務所の素材認識に左右されるシックハウス

AS030
シックハウスは意図して作られているわけではなく設計者の建築資材に対する認識不足により発生してしまうようです。
このためにも家づくりをする際には設計施工を行うハウスメーカーならびに工務店選びは非常に重要な要素です。
健康住宅・エコ住宅という題目が広く使われるようにはなりましたが、厚生労働省の数値基準以下であるという素材をつかっただけという住宅も存在もします。
基準を下回ったとしても揮発する成分はあるために、換気などの設備に対しても配慮されていない住宅ではシックハウスは起こりうる問題です。
構造見学会や完成見学会などは施工途中。施工直後を観ることができるためにその工務店ないしハウスメーカーのシックハウス対策がどのようなものであるかをじかに感じることが可能です。
見える部分だけではなく見えない部分にまでシックハウス対策をほどこしている事業所もありこのような所を建てる際の選択肢にいれて健康に対する配慮も考慮しておきたいところです。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

シックハウス対策のイチオシ!