原因となりうる可能性のある建材

AS079
家を建てる際に住む人の健康にも配慮した建材選びをしたいところです。
設計事務所などにまかせきりになりがちですが建主が知識をもつことによってプラン作りの際に役立つ事になるでしょう。
その為にもシックハウスの原因となりやすい建材は特にチェックを怠り無くしたいものです。
シックハウスの原因となるのは揮発性のある化学物質を含む、もしくは施工に使用する建材です。
またカビなども健康に対して悪影響をあたえるため防カビ対策にも配慮したいところです。
壁紙・床材・露出した柱という部分は空気に直接触れ、しかも住む人も直接手や足に触れる部分でありますから非常に重要です。
パネル工法などでは合板を使用する頻度が非常にあがりますが、これらの合板などもホルムアルデヒドを多く含むケースがあります。
多少割高になったとしてもこのような有機物を含まない合板や集成材を使うことで大きく原因物質の拡散を防ぐことが可能です。
床材壁材では接着剤や塗料に自然素材を使ったもので施工することで化学物質皆無の施工を実現することも可能です。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

シックハウス対策のイチオシ!