建てた家がシックハウスだった場合2

JC149_72A
・暖房と換気で揮発性の原因物質を除去する
新築の住宅に残る素材の匂い、これが木などの自然素材のものであれば心地よいのですがクロスの接着剤や防虫剤の匂いの場合は頭痛や目の痛みを起こす場合もあります。
これらは換気を執拗に行う事で除去は可能ですが、一日でも早くこれらを除去したいという方は次の方法を試してみてください。
1,室内を閉めきり部屋のドアや間仕切りは全開放してする
2,30~35℃以上の室温設定で暖房を行いサーキュレーターや扇風機を可動させ室内の空気を対流させる。
3,8~10時間程度この状態を保持し、その後全部の窓をあけて空気を入れ替える
4,この方法を4~5回繰り返す。

シックハウスの原因となるトルエンやホルムアルデヒドは揮発性の物質であるため室温を上げて一気に放出させます。
締め切った部屋に入る場合、熱気と猛烈な刺激臭を感じる事がありますのでマスクなどを用意しておくほうが良いでしょう。
換気後にホルムアルデヒドはオゾンと結合するとその効果を失うためにオゾン消臭タイプの空気清浄機を換気後に使うことで効果をアップすることができます。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

シックハウス対策のイチオシ!